こんな知識が役に立つ

マナーが見られている冠婚葬祭

人間社会では、生まれてから亡くなって何年か経過するまで、家族ごとに改まった儀式を行うのが通例です。
誕生祝、成長の節目に入学祝、20歳になる記念に成人式、結婚式、お葬式、法事と、生まれてから亡くなるまで、家族やその親戚、時には知人友人を含めて儀式を執り行うのがしきたりとなっています。
元は、儒教の思想が残っているとも言われますが、現在では金銭のやり取りをしながら儀式を執り行うことが多いものです。
金銭が少なすぎて、恥ずかしい思いをすることのないように金額の相場もしっかり把握しておかねばなりませんし、儀礼の一つだとしてお祝いの言葉も心がこもらずに述べるのは社会人として恥ずかしいことです。
このような冠婚葬祭を人並みにこなすことで少年から成人へと、親族の中でも認められていくのは間違いありませんし、突然に起きてしまうお葬式などでは、人間性が問われることもあるので冠婚葬祭のマナーはしっかり身につけておくとともに、互助会のようなもので貯蓄をしておくというのも知恵のひとつです。